• 印刷する

グッチ、中国通販サイトとの提携に否定的

イタリアの高級ブランド「グッチ」のマルコ・ビッザーリ最高経営責任者(CEO)はこのほど、「阿里巴巴集団(アリババグループ)や京東(JD.com)が運営するインターネット通販サイトとは提携しない」との考えを示した。18日付北京商報などが伝えた。

偽物問題が一向に解決しないことを念頭に置いた発言。ビッザーリCEOはアリババや京東と引き続き関係は維持していく考えを示し、両社が運営する通販サイトの動向を注視する姿勢を強調した。

グッチなど複数の高級ブランドを傘下に持つフランスのケリングは2015年、偽物が販売されているとしてアリババを提訴した経緯がある。

アリババと京東は、海外の高級ブランドを集めた通販サイトを相次ぎ開設するなど偽物対策を強化。ケリングも今年3月に、傘下ブランドのサングラスなどを販売する旗艦店開設で京東と提携している。


関連国・地域: 中国-全国欧州
関連業種: 繊維IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ここ上海でも秋は深まり…(11/14)

「独身の日」韓国勢の商機に 積極販促で売り上げ増加(11/14)

テーマパーク、20年に米超え 入場者2.3億人に、市場拡大続く(11/14)

英業達、中国のスマート関連製品ラインを移設(11/14)

自動車在庫さらに増加、ディーラーに負担(11/14)

中国カセン、SEZ内で物件開発(11/14)

ネット通販のゴシップ、増資を獲得(11/14)

米中貿易摩擦の影響は限定的、商務省報告書(11/14)

中国と改定FTAに調印、李首相来訪で(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン