新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に

米国や欧州連合(EU)の輸入規制への懸念が高まる中、新興国による韓国製品に対する輸入規制も増えていることが、韓国貿易協会の統計で分かった。新興国による輸入規制の件数は、全体の6割強に達する。国別では、最多の米国に次いでインドが2番目に多かった。マレーシアやタイ…

関連国・地域: 韓国タイマレーシアインドネシアインドアフリカ
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

10月ICT輸出12.3%増、半導体好調続く(11/16)

韓国現代自の越工場、年産10万台へ増加(11/16)

10月失業率3.5%、前年同月比0.3P悪化(11/16)

SKイノ、VWにEVバッテリー供給(11/16)

東アジア経済連携、貿産相「国益に貢献」(11/16)

Eマート、駐車場でEV充電やカーシェア(11/16)

ソウル市がEVバスをテスト走行、3路線で(11/16)

起亜自、新型ソウルのティザーイメージ公開(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン