政府、数年内に対GDP税収率15%目指す

ミャンマー政府は、税制改革を実施し、数年内に税収を国内総生産(GDP)の15%以上に引き上げる方針を示した。ミャンマー・タイムズ(電子版)が18日伝えた。 同国では2011~15年に「所得税法」と「商業税法」が改正され、16年には「特別物品税法」が成立した。来月には「税務…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

独系卸売メトロ、国際食品安全基準を取得(18:41)

非公開所得の税率引き下げ 連邦税法可決、恩赦は見送り(09/23)

日東メディック、ミャンマーに点眼剤を輸出(09/23)

トヨタ、高級バン「マジェスティ」を発売(09/23)

ヤンゴン管区、149件の来年度事業案提出(09/23)

20年はデジタル経済を推進=通信省高官(09/23)

ネット運営フロンティア、3千万ドル調達(09/23)

ロシア、サイバー法整備の支援に意欲(09/23)

国連人権理事会、ミャンマー代表が反論(09/23)

柔道・井上康生監督がミャンマーで特別指導(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン