政府、数年内に対GDP税収率15%目指す

ミャンマー政府は、税制改革を実施し、数年内に税収を国内総生産(GDP)の15%以上に引き上げる方針を示した。ミャンマー・タイムズ(電子版)が18日伝えた。 同国では2011~15年に「所得税法」と「商業税法」が改正され、16年には「特別物品税法」が成立した。来月には「税務…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

小売りスペース需要は回復へ ECと差別化へ「体験型」カギに(04/18)

バガン世界遺産実現へ、支援国に後押し要請(04/18)

ミャンマー正月、ロイター記者への恩赦なし(04/18)

ヤンゴン新都市の環境評価、6月に意見公募(04/18)

ヤンゴン高架環状道、6月に落札企業を発表(04/18)

資源契約の公開は投資誘致に有効=仏トタル(04/18)

環境影響評価協会、能力強化でIFCと提携(04/18)

農村で小型電力供給網の構築を=国際NPO(04/18)

水資源河川系開発局長ら5人、汚職捜査開始(04/18)

TTCL、子会社の株式を日系2社に売却(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン