業種判断の明確化を、外国人受け入れで=経団連

【共同】経団連は16日、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた政策提言を公表した。政府が単純労働分野の在留資格を創設する案をまとめたことを踏まえ、制度化の際に受け入れ拡大の対象となる業種の判断基準の明確化や、プロセスの透明化の確保などを求めた。 提言では、新制度を活…

関連国・地域: 日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

アルプス技研が職業訓練校 農業、介護分野で高度人材を(11/16)

2Qの鉄鋼、4社が増収増益 ミタル参入に備え各社は技術強化(11/16)

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

テイクオフ:ほろ酔いで深夜の繁華街…(11/16)

日本製工業品の海外展開支援 東京センチュリー、補助制度活用(11/16)

岐阜県、県産製材を売り込み 海外初の常設展、ヒノキなどPR(11/16)

三重県知事、かんきつの輸入規制緩和を要請(11/16)

ICMG、地場社と起業支援事業で提携(11/16)

三井住友銀、メトロバンクとセミナー開催(11/16)

ジェトロ、デジタル系新興企業ツアーを実施(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン