リードフレームの界霖、2.1億元で工場取得

リードフレームメーカーの界霖科技は16日、高雄市の工場を2億1,000万台湾元(約7億6,500万円)で取得すると発表した。生産拡大により、同社の台湾での総生産能力は80%増加する見通し。中央通信社が伝えた。 光学膜を手掛ける嘉威光電(ガンマ・オプティカル)が保有する高雄市…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

TTLが南投工場拡張、ウイスキー好調で(19:03)

テイクオフ:台湾人が見たこと、感じ…(11/15)

ASEANシフトは複合要因か 米中貿易戦争の影響は(11/15)

三菱日立、火力発電所を改修 環境対策に商機、NOx6割低減(11/15)

TSMC、生産拡大に1034億元の予算(11/15)

HTC、パリでVR使った印象画の展覧会開催(11/15)

広達が42億元で桃園の用地取得、生産拡大へ(11/15)

PCBの臻鼎、3年でAI向けなど生産拡大(11/15)

ASUS執行長、米中摩擦など3要素に懸念(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン