製薬大手3社と科技庁、製法効率化で提携

製薬大手の英グラクソ・スミスクライン(GSK)、米ファイザー、MSDは16日、シンガポールの科学技術研究庁(ASTAR)と製法効率化の技術開発で提携することで合意した。 3社はASTARの「製薬技術革新プログラム」に参加。製造工程に新たな技術を導入し、製造を効率…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:短文投稿サイト「ツイッ…(11/13)

高技能人材が現地生産の強み 岡本工作機械、3カ国ですみ分け(11/13)

アジア景気は持ち直し傾向 三井住友銀などセミナー開催(11/13)

クリスエナジー、ケッペルに作業船改修発注(11/13)

青森フードフェア、3自治体が初開催(11/13)

9月小売業売上高は2%上昇、自動車が回復(11/13)

実質妥結目指し議論、RCEP閣僚会合が開幕(11/13)

米副大統領との接触注目、中国首相が来訪(11/13)

コンフォート、自動運転バスの実証実験へ(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン