• 印刷する

テイクオフ:人口の高齢化に伴い、日…

人口の高齢化に伴い、日本で定年を65歳まで延長する動きが大手企業を中心に広がりつつあるが、台湾で定年退職する人の平均年齢は58.1歳と若い。

早めの引退で第2の人生をスタートする人が多い一方で、大手企業トップの引退は遅い。鴻海精密工業の郭台銘氏は65歳を超えてもいまだ現役だし、台湾積体電路製造(TSMC)の張忠謀氏のように、86歳までトップを務めた例もある。定年が80歳と考えれば、60歳や65歳なんてまだまだ若い。郭氏は肌のハリ艶もばっちりで、老いを感じさせない。

いつまで稼ぐつもりだと思われがちだが、郭氏は個人資産の9割を寄付している。「仕事の目的はもはや金を稼ぐことではないが、毎日16時間働いている」というから、根っからの仕事人間なのだろう。

きょうは郭台銘氏の68歳の誕生日。いつまで現役を続けるのかはひとまず置いておいて、生日快楽。(佳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

19年の半導体生産成長は1% TSMC予測、スマホ販売不振で(01/18)

資策会の華為製品禁止措置、早ければ5月から(01/18)

農産物の対中輸出額、18年は過去最高(01/18)

国研院、動物実験センターを稼働(01/18)

オーエスジー、高雄工場の敷地内に新棟を建設(01/18)

崎陽軒「シウマイ弁当」限定販売、23日まで(01/18)

台北MRT環状線3駅の開発、入札は5月まで(01/18)

星宇航空、東京や大阪便の就航を計画(01/18)

レンタカー和運、子会社設立でサービス拡充(01/18)

NCC、メディア間合併でシェア上限33.3%(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン