7社にハラル認証付与 商業省、食品製造・飲食店に

ハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)市場がカンボジアで形成され始めている。商業省が今年3月に認証制度を整備し、これまでに飲食店や食品メーカーなど7社9案件にハラル認証を付与した。外国人観光客の玄関口となる国際空港の飲食店や、製品輸出などを視野に入れている地…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 食品・飲料社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

リエル建て融資に注力 市中銀、19年末の1割規制で(11/14)

投資計画8件を認可、高級ホテル建設など(11/14)

外国人観光客、1~9月は12%増(11/14)

中国カセン、SEZ内で物件開発(11/14)

豪エナジーラボ、再生エネ事業拡大を計画(11/14)

マニュライフ、シアヌークビルに支店開設(11/14)

干ばつで水田被害、1.9万ヘクタール規模(11/14)

米中貿易摩擦で恩恵大 工場移転も、EU制裁は懸念(11/13)

クリスエナジー、ケッペルに作業船改修発注(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン