• 印刷する

双日、大連翔祥食品の株式追加取得へ

双日が、ショウ子島集団(遼寧省大連市、ショウ=けものへんに章)と合弁経営するマグロ加工販売企業の大連翔祥食品(同)の株式を追加取得する。ショウ子島集団が17日、董事会(取締役会)による決定事項として発表した。

発表によると、ショウ子島集団は近く、大連翔祥食品の持ち分39%を7,327万4,976元(約11億8,800万円)で双日に譲渡する契約を同社と結ぶ予定。譲渡後の出資比率は双日が69.6%、同社100%子会社の双日(中国)が20.4%、ショウ子島集団が10%となる。

大連翔祥食品は2003年1月設立。現在の出資比率は双日が30.6%、双日(中国)が20.4%、ショウ子島集団が49%となっている。大連翔祥食品によると、同社は中国唯一の日系マグロ加工販売企業。エビ、イカ、カキなどマグロ以外の水産物も取り扱い、年間加工生産能力は3,600トン、マイナス60度の超低温冷凍倉庫の保管能力は2,000トンとなっている。

双日広報部の担当者は17日、ショウ子島集団の発表通りとコメントした上で、株式の取引日など詳細については今後、同社と協議して決めることになると明らかにした。


関連国・地域: 中国-大連日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

〔オセアニアン事件簿〕中国によるサイバー攻撃、豪政府に対応圧力(17:00)

AD課税延長を調査、日印産ピリジン(18:33)

マカオの旅行者消費、3Qは15.2%増に(16:35)

テイクオフ:大きな竹ぼうきで歩道を…(11/20)

台泥、トルコ企業と市場開拓へ 再生可能エネも着手、多角化推進(11/20)

日系5社を調査、工作機械でダンピング疑い=中国(11/20)

中国勢、EVの性能アピール 航続距離600キロも、広州MS(11/20)

太陽電池の茂迪、中国工場の拡張費用を未払いか(11/20)

翡翠業界、中国取引業者の値引きに悲鳴(11/20)

アップル向け工場のデモ収束(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン