小反発、資源銘柄に買い集まる=香港株式

16日の香港株式市場は小反発して終了した。ハンセン指数は一時、前日終値を下抜けたものの、中国本土IT大手の騰訊(テンセント)の下げ幅が縮まったことで、小幅に上げて取引を終えた。資源関連銘柄に買いが集まった。香港経済日報系のニュースサイト、経済通などが伝えた。 ハ…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

海洋公園と香港大、教育や研究で提携覚書(12:14)

日本の消費行動に似る香港人 JNTO薬丸所長に聞く(下)(02/15)

ピーチ、6月から香港―那覇線を再開へ(02/15)

香港航空がNZ路線撤退、北京便は増便(02/15)

ササ、春節の香港マカオ市場は4.8%減収(02/15)

ニッポンプラ、アジア各国に現法設立(02/15)

香港と本土でレゴ認定店を増設へ、凱知楽(02/15)

スタンチャート、一帯一路沿線で増員(02/15)

反落、米中協議で様子見ムード=香港株式(02/15)

19年の香港長者番付、李嘉誠氏が首位キープ(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン