小反発、資源銘柄に買い集まる=香港株式

16日の香港株式市場は小反発して終了した。ハンセン指数は一時、前日終値を下抜けたものの、中国本土IT大手の騰訊(テンセント)の下げ幅が縮まったことで、小幅に上げて取引を終えた。資源関連銘柄に買いが集まった。香港経済日報系のニュースサイト、経済通などが伝えた。 ハ…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

21日午前7時から抗議活動か、金鐘周辺で(16:24)

情報・通信業の失業率上昇、貿易摩擦が影響(15:55)

住宅市場へのデモ影響は軽微 大手幹部が言及、長期的に楽観(06/20)

政治混乱、早期収束なら住宅値上がりへ(06/20)

民間住宅の設計図案、4月は18件に認可(06/20)

学生会、改正案撤回しない場合は21日に行動(06/20)

中国、香港問題議論けん制=米との首脳会談で(06/20)

3~5月の失業率、14期横ばいの2.8%(06/20)

大幅続伸、28000に戻す=香港株式(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン