• 印刷する

テイクオフ:タクシーに乗ると、スマ…

タクシーに乗ると、スマートフォンの地図アプリのナビゲーションを設定する運転手が多い。運転手は道を知っているものだと思っているとちょっと面食らう。ただ道路が複雑で、裏路地が網目のように入り組んだジャカルタで場所を覚えるのは、タクシー運転手でも難しいのだろう。

ただ、地図アプリのナビゲーション機能は、道順を調べるたびに結果が異なる。週末オフィスに行くためタクシーに乗ると、運転手がスマホに場所を入力。しばらく走りだすと、道を曲がりはじめた。ああ、遠回りされるのかと思うと、今度はオフィスと反対方向に走りだし、どんどん遠ざかる。のぞき込むとナビが示す道順通りなのだが。

さすがに途中で運転手にUターンさせてオフィスに到着した。機械に頼りすぎは考えものだと気付かされた。それより最初に運転手が入力したのはどこだ?(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア、ロンボクを拠点空港に設定(01/18)

台湾観光協会が駐在員事務所を開設(01/18)

駐在員住宅市場、今年も低調 外国人駐在員数減少で需要低迷(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

トランスコスモス、スマランに初の拠点開設(01/18)

政策金利6%で据え置き、2カ月連続(01/18)

MRTジャカルタ、26日に試験運行開始(01/18)

3月に首都で国際バス展示会、来場者2万人(01/18)

ヤマハ、新型スポーツバイク2モデルを発売(01/18)

川西倉庫、現地法人がハラル認証取得(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン