首相の長男、反政府勢力は「国益の損害」

カンボジア国軍参謀長(代理)を務めるフン・セン首相の長男フン・マネット氏は、亡命している元野党関係者らが国際社会に対し、カンボジアの人権と民主主義の侵害を過大に言い立てていると批判した。国家と国民の利益に反する結果を招こうとしていると懸念を示した。プノンペン・…

関連国・地域: カンボジア欧州
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「俺が話をつけてやるか…(09/23)

中国2社、南西部タタイ川に水力発電所建設(09/23)

首都のコンド急増、30年には30万戸規模に(09/23)

証取委がタイと覚書締結、相互取引で提携へ(09/23)

運輸省、カンボジアと交通分野で協力検討(09/23)

来年の最低賃金、政府提示額は187ドル(09/20)

ローズウッドホテル、シエムレアプで開業へ(09/20)

首相、CLMVTに労働者の医療無料化提案(09/20)

【カンボジア経済通信】上半期の観光市場、明暗分かれる 第349回(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン