• 印刷する

ヤンゴン駅周辺再開発、土地調査を開始

ミャンマー国鉄(MR)は、最大都市のヤンゴン中央駅周辺の再開発事業について、現地で地質調査を開始したと発表した。イレブン電子版が15日伝えた。

今月に入り、調査に関する調整委員会を開催。MRやヤンゴン市開発委員会(YCDC)土地調査局の職員らが出席した。

同事業では、ヤンゴン中央駅周辺の63.5エーカー(約25.7ヘクタール)を再開発する。開発期間は8年、総事業費は25億米ドル(約2,800億円)を見込み、10万人の雇用創出が期待されている。

1954年に建設されたヤンゴン中央駅を保存する一方で、オフィス棟やコンドミニアム(分譲マンション)、ホテル、緑地公園、鉄道博物館などを新たに建設する。

開発権は今年2月、ミャンマーの不動産開発モッタマ・ホールディングス子会社の建設会社ミン・ダマ、シンガポールの高級不動産開発オクスレー・ホールディングス、中国の建設業者、神州長城(北京市)の企業連合「セントラル・トランスポート・デベロップメント・コンソーシアム」(CTDC)が落札した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

車両の交換部品、輸入手続きを簡素化(15:52)

北部の鉄道改修で韓国融資 ミッチーナまでの難所2区間(03/26)

新菱冷熱、ヨマセントラル空調工事を受注(03/26)

大和PI、地場アパレルECに出資(03/26)

華為、昨年の個人顧客部門は36%成長(03/26)

何が変わり、変わらなかったか=タイ総選挙(03/26)

SIMカード購入は1人2枚まで、4月から(03/26)

国内初の富裕層向け映画館、ヤンゴンで開業(03/26)

国連人権理がEU決議案採択、緬は批判も(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン