来年の州別最低賃金、労組が最大25%増要求

インドネシア労働組合総連合(KSPI)のサイド・イクバル代表は16日、来年の州別最低賃金(UMP)を今年の水準から20~25%引き上げるよう政府に要求した。 サイド・イクバル氏は大幅な賃上げを要求する理由について「対米ドルでルピアレートが下落し、原油高が続く中で、生…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

再生可能エネの発電事業、34件を白紙撤回も(16:09)

環境問題対策の専任部門、来年設置へ(11:53)

テイクオフ:「おはようフェルプス君…(11/15)

電気自動車開発に19の優遇策 R&D、生産のほか充電設備でも(11/15)

二輪車販売速報値、1~10月は累計533万台(11/15)

チカンペック高速、タンブンもナンバー規制(11/15)

首都のERP、実証実験を延期(11/15)

パティンバン新港、日イ6社がコンサル業務(11/15)

明治、参天製薬の眼科用医薬品を販売へ(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン