• 印刷する

杭州の病院、顔認証による診療システム導入

病院で診察を受ける際に顔認証で本人確認を行うシステムが、浙江省杭州市余杭区の余杭区第一人民医院で導入され、15日に運用を開始した。身分証や社会保険カードを持参しなくても受診可能になる。このようなシステムの導入は全国初という。16日付杭州日報が伝えた。

システムは、同市に本拠を置く電子商取引(EC)中国最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)傘下で、医療・医薬品サービスを展開する阿里健康信息技術、電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を運営するバ蟻金融服務集団(バ蟻金服、バ=むしへんに馬、アントフィナンシャル)の2社が同区衛生計画出産局と共同開発した。

初めて利用する場合、専用の端末で顔をスキャンし、身分証番号や支付宝のアカウントとひも付けられた携帯電話番号を登録する必要がある。登録を済ませると、受け付けから診察、心電図検査などの各検査、診察料金の支払い、薬の受け取りにいたる一連の過程で顔認証による本人確認が可能となる。料金は支付宝で支払うため、受診に際して身分証や銀行カードはもちろん、携帯電話すら不要になるという。

余杭区第一人民医院ではまず心臓内科、呼吸器科、整形外科などでシステムを導入。今後は、患者以外の者でも支払いができるようにするなど、機能を増やしていく。浙江省衛生計画出産委員会は、システムを全国の病院へと普及させていく考えを表明している。


関連国・地域: 中国-浙江
関連業種: 医療・医薬品IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

「第3の通信会社」、買収で事業免許取得(21:23)

米系のVRテーマパーク、横琴で7月開業(20:39)

全ての村にネット通販、22年めどに物流整備(13:03)

中華電信、華為販売見合わせ 他社も様子見、シェア拡大に暗雲(05/24)

深セン、検問所の改革実行へ 皇崗は貨物通関停止、両地一検も(05/24)

警備設備の関連業界に波紋 米の制裁懸念で、株価は急落(05/24)

中台連合のJDI支援、決定に至らず(05/24)

新しい横琴検問所、年末に供用開始へ(05/24)

日本企業、華為向け製品への対応急ぐ(05/24)

【一帯一路の現場から】日本の投資待つ、ハンバントータ港開発(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン