• 印刷する

三菱自動車、上期は過去最高の4800台

三菱自動車の正規販売会社ミツビシ・モーターズ・マレーシア(MMM)は、上期(4~9月)の販売台数が過去最高の4,788台に達したことを明らかにした。前年同期比で66%増加した。16日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。

販売をけん引したのは、ピックアップトラック「トライトン」シリーズとスポーツタイプ多目的車(SUV)「アウトランダー」。税制移行によって、6~8月にタックスホリデー(一時免税措置)が生じたことも寄与した。

MMMはトライトンについて、「昨年から操作性や安全性に加えて、値ごろ感もPRすることで、従来とは異なる層の顧客にも訴求できている」と分析。同シリーズの一部車種はタイで組み立てる完成車(CBU)だが、ピックアップトラックは無税でマレーシアに輸入できるため、現地組み立ての車種と比較しても価格面での競争力を維持できる。

加えて、最長5年または走行距離20万キロまで保証するのは、国内のピックアップトラックではトライトンのみ。MMMは、充実した保証体制も販売増加の要因とみている。

新西知之・最高経営責任者(CEO)は、今後の見通しについて「とても前向きに捉えている」と話し、通期での販売増にも期待感を示した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

新車販売、12月は11.9%減 GST撤廃後の消費一服感続く(01/18)

RM=26.4円、$=4.11RM(17日)(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

低所得者への燃料補助、現金支給求める声(01/18)

水道料金値上げ、大半の州と合意成立(01/18)

石油精製ヘンユアン、水素プラント建設へ(01/18)

シーセラグループ、新株発行で債務完済へ(01/18)

病院KPJ、19年は4カ所に新設計画(01/18)

ダイドー、飲料製造合弁の株式一部売却(01/18)

外食QSR、4~6月期に再上場へ(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン