日台の工作機械にAD調査、商務省が開始

中国商務省は16日、日本、台湾から輸入される立形マシニングセンターに対し、反ダンピング(不当廉売、AD)関税措置に向けた調査を同日から開始すると発表した。 関税番号84571010に分類される品目が対象。調査期間は2019年10月16日までの1年間で、状況によっては20年4月16日…

関連国・地域: 中国-全国台湾日本
関連業種: 電機その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

宝飾2社の1~3月期、改善進む(14:39)

自動車の購入制限を緩和か、消費拡大へ政府(18:20)

SK、中国半導体工場の増設が完了(17:08)

高速鉄道接続の加速、中国・タイと合意(04/18)

テイクオフ:また、「微信支付(ウィ…(04/18)

現代・起亜、中国で挽回探る モーターショーで新車を一挙公開(04/18)

1Qの経済成長率6.4% 前期から横ばい、減速に歯止め(04/18)

3月の鉱工業生産8.5%増、伸び率3.2P拡大(04/18)

香港企業は自社製品開発を、輸出商会会長(04/18)

工業設備稼働率、1Qは75.9%に下落(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン