北京の大気が「重度の汚染」に、今秋初

北京市で14日、微小粒子状物質「PM2.5」を含む大気汚染指数が6段階のうち2番目に深刻な「重度の汚染」となった。「重度の汚染」に達したのは今秋初めて。中国新聞社電などが15日伝えた。 14日午前からPM2.5濃度が上昇を始め、市中心部6区の平均濃度は午後4時時点で1立方メ…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

チャウピュー発電所、売電契約の締結間近か(15:30)

AD関税を引き上げ、米とEUの鋼管(12:31)

5月の公式原油価格が低下、貿易戦争の影響(06/15)

韓国勢がEV電池の生産増強 LGが吉利と合弁、需要に対応へ(06/14)

蔡総統、再任へ第一関門突破 民進党予備選、頼氏の夢敗れる(06/14)

個人ノートPCシェア2割へ 台湾ASUS、細分化で市場掴む(06/14)

劉副首相、強気の経済見通し 米国との摩擦念頭、金融がカギ(06/14)

科創板の開設式開催、2カ月以内にも初取引(06/14)

グーグルが「中国離れ」、台湾などに生産移設か(06/14)

プロトン販社、2社とR&Dの合弁会社設立(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン