北京の大気が「重度の汚染」に、今秋初

北京市で14日、微小粒子状物質「PM2.5」を含む大気汚染指数が6段階のうち2番目に深刻な「重度の汚染」となった。「重度の汚染」に達したのは今秋初めて。中国新聞社電などが15日伝えた。 14日午前からPM2.5濃度が上昇を始め、市中心部6区の平均濃度は午後4時時点で1立方メ…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

1月CPIは1.7%上昇、伸び率0.2P縮小(02/15)

マハティール首相、国交45周年で4月訪中(02/15)

日本にもチャンス、アフリカ開銀がセミナー(09:51)

地方政府が競って中小支援策 融資に減税、中央の方針受け(02/15)

1月の貿易4%増、プラス成長に転じる(02/15)

中国、教育などに766万ドル支援(02/15)

香港航空がNZ路線撤退、北京便は増便(02/15)

米中協議、60日延長検討か(02/15)

ササ、春節の香港マカオ市場は4.8%減収(02/15)

海外からの対中投資、1月は4.8%増(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン