スズキ、販売好調で新モデル 成長市場で投資継続

ミャンマーの新車市場でシェアが5割を超えるスズキは15日、同国内で世界戦略車の小型車「スイフト」を新たに投入した。最大都市ヤンゴン郊外のティラワ特区にある工場で生産し、マイカー購買欲が高い若者向けに販促する。既に展開する3モデルに加え、現地での生産を拡大する。最…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

19年度予算、電力省に最大の割り当て(10/16)

比アヤラ、ヨマと合弁で再生エネ市場参入(10/16)

マンダレー管区、16年以降に2000村を電化(10/16)

地場給油所、航空燃料事業への参入目指す(10/16)

個人商の国境貿易、18年度は590億チャット(10/16)

18年度の縫製品原料輸入、19%増の23億ドル(10/16)

コメ輸出が急減、9月20日までで229万トン(10/16)

水田の洪水被害、今年は昨年の半分以下(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン