8月の海外送金受取、0.9%減の24.8億ドル

フィリピン中央銀行は15日、2018年8月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)が、前年同月比0.9%減の24億7,600万米ドル(約2,765億円)だったと発表した。アラブ首長国連邦(UAE)、サウジアラビア、カタールといった中…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:プールサイドで、アクシ…(01/17)

今年はPUV近代化を推進 陸運委、配車アプリの規制緩和も(01/17)

PUV近代化、民間銀行が資金提供前向き(01/17)

東南アの車生産、1~11月は8%増の403万台(01/17)

労組が全国の日額最賃上げ請願へ、最大740円(01/17)

マニラ湾の環境改善、違反は罰金1日42万円(01/17)

米ペイパル、国際顧客対応拠点開設へ(01/17)

16日為替:$1=52.130ペソ(↓)(01/17)

ミャンマー特化の投資ファンドが立ち上げ(01/17)

経営破綻の韓進現法、地裁が更生開始命令(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン