• 印刷する

EC各社セール、中小都市が伸びをけん引

インドで電子商取引(EC)各社が先に祭事期に合わせて展開したセールで、新規顧客の多くが中小規模都市の消費者であることが分かった。PTI通信が14日に伝えた。

米アマゾン・コムが10~15日に「グレート・インディアン・ディワリ・セール」、地場フリップカートが10~14日に「ビッグ・ビリオン・デー」を実施。地場ペイティーエム・モールは9日からセールを展開した。

ペイティーエム・モールのアミット・シンハ最高執行責任者(COO)は、今回のセールで主要大都市以外からの利用者が6,000万人を超え、大半が同社を初めて利用するティア2、ティア3と呼ばれる中小規模都市の消費者だったと明らかにした。アマゾンも、セール期間中にティア2、ティア3で多数の新規顧客を獲得している。地場ショップクルーズは、ティア4と呼ばれるさらに小規模な自治体からの利用者も多かったという。

地場調査会社レッドシアー・マネジメント・コンサルティングによると、EC各社のセールの売上高は初日から3日未満で推定15億米ドル(約1,677億円)だった。5日間のセール終了時には30億米ドルに達する見通しだ。


関連国・地域: インド
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:グジャラート州投資サミ…(01/22)

インドのアフリカ重視鮮明 サミットに特別枠、外交で最優先(01/22)

起亜自、インド第1弾モデルを試験生産へ(01/22)

自動車購入時のGST課税、所得税は対象外(01/22)

乗用車輸出、2年連続で前年割れ見通し(01/22)

ルーカスTVS、電動車モーターの供給計画(01/22)

中油、インド石化プラント建設計画を断念(01/22)

サムスン、インドでの携帯生産に不透明感(01/22)

バイジューズ、米知育アプリのオスモを買収(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン