• 印刷する

不動産アヤラ、国外で新たなM&A検討

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)は、東南アジア事業の拡大を目指し、国外で新たな企業買収を検討している。既に複数の買収案件について協議を進めているという。地元紙ビジネスワールドなどが伝えた。

アウグスト・ベングゾン最高財務責任者(CFO)は最近行われたインタビューで、具体的な協議の内容への言及は避けながら「当社の海外戦略は、第三国で不動産を保有する地場企業に投資することだ。遠くない時期に結果は分かる」と述べた。

ALIは2015年、初の海外進出としてマレーシアの不動産・建設大手MCTの株式9.16%を取得。今年2月には出資比率を72.31%に引き上げ子会社化した。同国首都圏クランバレー地域を中心に事業を展開しており、4月には同地域で4件目の開発用地を20億ペソ(約41億円)で取得した。


関連国・地域: マレーシアフィリピン
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

スーダン政変、ICTSIの契約解除か(15:40)

グラブと財閥SM、スマホ決済提携が始動(15:18)

中国スマホのリアルミー、地場ECと提携(12:00)

成長エンジン、徐々に地方へ 18年GDP、首都圏は5%割れ(04/26)

太陽光エグチ、アルカラ市に発電設備設置(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

太陽光発電タルラック2、電力供給を開始(04/26)

セブに社会人専門英語校、現地と日本提携で(04/26)

世銀がADBと支援すみ分けへ、比要請受け(04/26)

アヤラランド、国内初のREIT上場へ(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン