ワコールが実習生労働調査、低賃金でないか把握

【共同】肌着大手のワコールホールディングス(HD)が、製造過程で働く外国人技能実習生に不当な長時間労働や低賃金を強いていないかといった人権に関する調査を、生産委託工場に対して行っていることが15日分かった。労働環境を保証しブランドの信頼を保つのが狙いで、課題の指…

関連国・地域: ベトナムミャンマー
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ロヒンギャ帰還延期か、「準備できず」通告(19:34)

ロヒンギャ問題に懸念、ASEAN議長声明(19:34)

ロヒンギャ帰還準備は完了 バングラ政府、延期含み(11/15)

難民帰還に支援を、首脳会議でスー・チー氏(11/15)

米、スー・チー氏批判=ロヒンギャ迫害問題で(11/15)

ロヒンギャへの市民権付与で反対デモ計画(11/15)

中国系自動車工場、来年3月に現地生産開始(11/15)

携帯4社、データ使用節約で共同キャンペーン(11/15)

ジーニアスコーヒー、域内ビジネス賞を受賞(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン