ワコールが実習生労働調査、低賃金でないか把握

【共同】肌着大手のワコールホールディングス(HD)が、製造過程で働く外国人技能実習生に不当な長時間労働や低賃金を強いていないかといった人権に関する調査を、生産委託工場に対して行っていることが15日分かった。労働環境を保証しブランドの信頼を保つのが狙いで、課題の指…

関連国・地域: ベトナムミャンマー
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

小売りスペース需要は回復へ ECと差別化へ「体験型」カギに(04/18)

バガン世界遺産実現へ、支援国に後押し要請(04/18)

ミャンマー正月、ロイター記者への恩赦なし(04/18)

ヤンゴン新都市の環境評価、6月に意見公募(04/18)

ヤンゴン高架環状道、6月に落札企業を発表(04/18)

資源契約の公開は投資誘致に有効=仏トタル(04/18)

環境影響評価協会、能力強化でIFCと提携(04/18)

農村で小型電力供給網の構築を=国際NPO(04/18)

水資源河川系開発局長ら5人、汚職捜査開始(04/18)

TTCL、子会社の株式を日系2社に売却(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン