• 印刷する

テイクオフ:道路脇で、警官に交通違…

道路脇で、警官に交通違反切符を切られているバイクやクルマをよく見る。ジャカルタ警察のフェイスブックには、取り締まりの様子を撮影した写真が毎日のように投稿されている。違反者の車両ナンバーも運転手の顔も何ら処理されず、そのまま丸出しという写真もある。

だがジャカルタではあと数年もすれば、そんな写真を見ることもなくなるかもしれない。一部の目抜き通りで、監視カメラを使用した交通違反の取り締まりシステムが、今月から試験的に導入された。違反車両の写真が警察に自動送信され、車の所有者に反則金の納付通知が送付される。

違反者と切符を切った警官がその場で「賄賂で解決する」のを防ぐ狙いもある。ジャカルタのお隣、西ジャワ州のバンドンでは既に1年も前から、同様のシステムが稼働している。首都でも成功するだろうか。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

パティンバン港を経済特区へ 西ジャワ州、東部に産業地を提案(02/22)

ホンダ、MPVなど2車種マイナーチェンジ(02/22)

政策金利、3カ月連続6.0%で据え置き(02/22)

ニールセン消費者信頼感、世界3位(02/22)

国内タイヤ工場の稼働率、6割に低迷(02/22)

政府が石油・天然ガス探査に11億米ドル支出(02/22)

西ジャワ空港、貨物便就航で収益向上へ(02/22)

宅配業者、航空輸送費値上げで陸海利用拡大(02/22)

バンドン空港は近距離便拠点に、運輸相(02/22)

アジアポリー、アチェ水力発電所事業を縮小(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン