• 印刷する

テイクオフ:「豊年祭においでよ」。…

「豊年祭においでよ」。台湾の友人にそう誘われて新北の板橋へ出掛けた。豊年祭とは、夏から秋にかけて、台湾の先住民がそれぞれの集落などで開催する収穫祭のことだ。

とはいえ、台北から山間にある先住民の集落まで出掛けるのは一苦労。だが、新北市が市内に住む先住民を集めて開催する豊年祭でも、ある程度の雰囲気は味わえるという。

都会でやるとなると、祝祭性が抜けて高尚な文化イベントになるのではと心配したが、そこは台湾。あっちこっちで午前中から酒盛りが始まり、地区対抗のダンス大会は、最後に参加者総出での乱舞で締める巨大な運動会にして夏祭りだった。

そして、祭と言えばここでも政治家。特に今年は統一地方選を控えていることもあり、各候補も挨拶まわりに余念がない。酔いが回った住民とツーショット撮影し、ハグ。すみません、投票権もない日本人なのに。(蔵)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

TTLが南投工場拡張、ウイスキー好調で(12:29)

テイクオフ:台湾人が見たこと、感じ…(11/15)

ASEANシフトは複合要因か 米中貿易戦争の影響は(11/15)

三菱日立、火力発電所を改修 環境対策に商機、NOx6割低減(11/15)

TSMC、生産拡大に1034億元の予算(11/15)

HTC、パリでVR使った印象画の展覧会開催(11/15)

広達が42億元で桃園の用地取得、生産拡大へ(11/15)

PCBの臻鼎、3年でAI向けなど生産拡大(11/15)

ASUS執行長、米中摩擦など3要素に懸念(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン