• 印刷する

AIA、顧客センターに人型ロボット導入

アジア保険大手AIAの現地法人AIAシンガポールは12日、シンガポール国内の2カ所の顧客サービスセンターに2台の人型ロボットを導入したと発表した。こうした試みは同国の保険業界で初という。

中心部ラッフルズ・プレイスのフィンレイソン・グリーンでこの日正式開所した新センターには、ソフトバンクが開発・販売する「ペッパー」が登場。東部タンピネスの既存センターには、南洋工科大学(NTU)の研究チームが生み出した「ナディン」がお目見えした。AIAシンガポールや顧客サービスセンターに関する一般的な質問に答えるほか、契約者貸付制度の詳細を説明したり、一部の手続きを代行したりしてくれる。

同社によると、2台のロボットは顧客の感情を理解して、適切な対応を取ることができる。また随時、新たな知識を獲得し、より効果的な接客が可能になるという。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本では待機児童の問題…(05/27)

【ASEAN戦略を聞く】外資でアジアトップ5へ SOMPO、東南ア軸に(05/27)

MRT75%延伸へ、2040年までの陸運計画(05/27)

独ベンチャー、年内に空中タクシー発着場開設(05/27)

4月の製造業生産高、電子改善で0.1%上昇(05/27)

電力小売市場、自由化で5社撤退(05/27)

電子決済リキッド、香港の銀通とQRで提携(05/27)

旅行代理店チャン、ウェブで個人情報漏えい(05/27)

チャンギ空港利用者数、4月は3%増(05/27)

【労働関係法の基礎知識】第89回:(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン