リオ、石炭とアルミ不調で利益に影響か

英豪資源大手リオ・ティントはこのほど、石炭とアルミニウム部門のコスト上昇で、本年度の通期利益が5億米ドル(約561億円)減少する恐れがあることを明らかにした。リオはオーストラリアとニュージーランド(NZ)で計画していた、アルミニウム部門の放出を棚上げするようだ。1…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーで建設中の鉄道…(11/14)

アサヒ、キリン事業買収に参画か 入札参加に登録(11/14)

日豪米、印太平洋での協調融資で覚書(11/14)

インドネシアとの貿易協定、調印は見送り(11/14)

豪エナジーラボ、再生エネ事業拡大を計画(11/14)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(342)(11/14)

RCEP、豪日の要求高く年内妥結困難か(11/14)

豪10月の企業景況感、下落も長期平均上回る(11/14)

男女の給与格差が縮小、有給育児休暇は停滞(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン