• 印刷する

日系コンサルAIC、HCM市で本格営業

ハノイを本拠にベトナム進出コンサルティングを手掛けるAICベトナムは、ホーチミン市での営業を本格化する。日本人常駐者を置き、南部では提携事務所と従来手掛けていた会計・税務に加え、法人設立や労務分野でも日系企業を支援する体制を強化する。

3区カックマンタンタム通りにあるリムタワー2のオフィスに望月瑛奈氏がこのほど常駐を始めた。ライセンス取得や評価制度・組織体制の構築のほか、KT会計事務所と協力して会計・税務のコンサルティングを行う。

AICベトナムは2008年設立でダナンにも拠点を置き、18年初めに横浜支店も開所した。従業員は約50人で、これまで延べ100社以上の日系企業によるベトナム進出を支援してきた。斉藤雄久会長は、「ホーチミン市事務所を通じて既存顧客の南部への展開を後押しするとともに、日本でベトナム進出を検討する顧客の選択肢を増やしたい」と狙いを語っている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

円借款メトロ、工事停止も 梅田大使「年内の未払い解決を」(12/12)

11月の自動車販売数、23%増の3.1万台(12/12)

出光合弁のギソン製油所、商業運転を開始(12/12)

アンファットとビンF、合弁会社設立か(12/12)

タクシー連盟が発足、独自の配車アプリ導入(12/12)

2大都市の住宅需要、毎年26万戸(12/12)

ノバランド、1.5兆ドンの社債発行(12/12)

コンドテル、ホテルの部屋数上回る(12/12)

韓国ネクスト、越バイオ企業に出資(12/12)

青森県、ものづくり企業向け商談会を開催(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン