TVS傘下、チェンナイに部品工場を新設

インドのコングロマリット(複合企業)TVSグループ傘下の自動車部品メーカー、スンダラム・クレイトン(SCL)は、15億ルピー(約22億7,000万円)を投じて南部チェンナイ近郊のオラガダムに新工場を設置した。鋳造部品の需要増に対応する。11日には、主要顧客である韓国・現代…

関連国・地域: 韓国インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドで使い捨てプラス…(10/14)

9月車販売は28%減の28万台 11カ月連続減、さらなる悪化に警戒(10/14)

双竜自がサウジで組み立て、年3万台目標(10/14)

スズキ業績予想を下方修正、インド低迷(10/14)

9月の二輪販売22%減、10カ月連続マイナス(10/14)

起亜のSUVセルトス、予約が5万台突破(10/14)

経済交流や印企業の投資拡大、中印首脳会談(10/14)

車部品プリコル、10月は最大5日の生産調整(10/14)

日系の新興アグリテック、南部に現法設立(10/14)

独プーマ、世界2番目の旗艦店を南部に開設(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン