海外資本の商用不動産投資、今年はゼロ

英不動産コンサル大手、ナイトフランクの台湾現地法人である瑞普萊坊の最新統計で、2018年1~10月の海外資本による台湾の商用不動産への投資額がゼロ件にとどまっていることが明らかになった。16年に施行された新税制「房地合一課徴所得税制度」(房地合一税制)の影響とみられて…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:スーパーやコンビニで、…(05/27)

EMS和碩、回帰投資に149億元 R&Dなど強化、米中摩擦に対応(05/27)

TSMC、華為傘下・海思半導体への出荷継続(05/27)

TSMC、工員死亡事故で南科工場が操業停止(05/27)

群創董事長、中国への技術移転を否定(05/27)

アップルストア、2号店も信義区でオープンへ(05/27)

グローバルWifi、桃園空港で受取可能に(05/27)

華新麗華、中国銅条メーカー株を地場企業に売却(05/27)

中鋼の3Q鋼材価格、全品目を引き下げ(05/27)

21年度まで戴会長続投意向、シャープ(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン