モバイル決済の利用、コンビニ・スーパーが最多

銀行台湾大手の台北富邦商業銀行がビッグデータを分析したところによると、台湾で利用されるモバイル決済の利用場所・用途で最も多いのは、「コンビニ・スーパー」で全体の30%に上ることが分かった。モバイル決済利用者の年齢は、最年少が15歳、最高齢が90歳だった。聯合報が伝え…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日、台湾人である妻の…(11/14)

春節前賞与、74%が支給確定 前年比7P拡大、景気回復で前向き(11/14)

英業達、中国のスマート関連製品ラインを移設(11/14)

iPhone新機種出荷、30%減に修正=アナリスト(11/14)

味全、未使用の牧場跡地を27億元で売却(11/14)

在宅医療、中医の医師や薬剤師なども対象に(11/14)

彦臣の糖尿病網膜症治療薬、2年内に臨床試験(11/14)

ベーカリー機器の三能、中国無錫の新工場着工(11/14)

KYBと川金の改ざん製品、台湾の33物件で確認(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン