• 印刷する

祭事期の臨時雇用、前年比2割増の30万人

インドで電子商取引(EC)企業などが、祭事期に合わせて臨時雇用者を増員している。複数の人材派遣会社のデータから、雇用規模は昨年の25万人を2割上回る約30万人に達していることが分かった。タイムズ・オブ・インディア(電子版)が11日に伝えた。

EC各社の臨時雇用者数は、米アマゾン・コムが5万人、地場フリップカートが3万人など。小売企業や電子決済企業、オンライン食事宅配サービス企業も人員を増やしており、料理の宅配を手掛ける「フードパンダ」は過去5週間で配送担当者6万人を臨時雇用している。

臨時雇用者の大半は大学生で、業務内容は倉庫や物流拠点での作業、配送、店頭での販売などが多いという。


関連国・地域: インド
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

技能移民プログラム、不足の職種を公表(10/19)

中国OPPO、姉妹ブランドのスマホ発売(10/19)

テイクオフ:東南アジアに暮らしてい…(10/18)

住宅供給、7~9月は急減速 消費者が完成済み物件好む傾向も(10/18)

西川ゴムが南ア進出、インド企業との提携で(10/18)

中国長城汽車、21~22年にインドに本格進出(10/18)

ベンガルール電力公社、EV充電施設を新設(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン