• 印刷する

お盆の大型連休、観光客120万人に増加

カンボジア観光省によると、日本のお盆に相当する「プチュンバン(盂蘭盆)」の大型連休である8~10日の観光客は前年同期比20.4%増の120万人だった。

訪問先のトップは北西部シエムレアプで、47%増の25万2,422人が訪れた。内訳はカンボジア人が23万人、外国人が2万2,422人。

沿岸部への観光客は降雨による道路状況悪化などのため減少したが、ボーコー国立公園などの観光地がある南部カンポット州への観光客は増加した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コンテナ飲み屋街が閉鎖 土地代高騰、客足に陰りも(12/13)

証取所の投資家、11月時点で2万人突破(12/13)

対外債務拡大の懸念は不要、経済財政委(12/13)

アムルライス、ベトナムの新規制を懸念(12/13)

台湾系ユニオン銀、新本店ビルの落成式開催(12/13)

外国人観光客、1~10月は11.5%増(12/13)

ゴム輸出価格が下落、米中貿易戦争の余波(12/13)

国連計画と一帯一路は好機 成長後押し、中国依存には慎重論(12/12)

韓国IBK銀が支店開設、資金需要に対応(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン