株式市場、5月以来の下げ幅 新税案や世界経済の波乱を警戒

10日のクアラルンプール株式市場は、財政資金を賄う新税が導入されるとの観測と世界経済の成長減速を受け、急落した。主要指標となるFTSEブルサ・マレーシアKLCI(FBM KLCI)指数の終値は前日比38.97ポイント安(2.2%減)の1,735.18で、5月30日以来、最大の下落幅…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:かつて住んだことのある…(10/17)

18年GDP、4.7%に下方修正 民間投資の減速響く、MIER(10/17)

9月新車販売、プロドゥア9千471台で首位(10/17)

RM=26.9円、$=4.15RM(16日)(10/17)

三菱自動車、上期は過去最高の4800台(10/17)

不動産IUBI、同業を3.5億リンギで買収(10/17)

ベロシティー2、資産価値は20億リンギ(10/17)

政府、年内にフェルダの債務15%削減へ(10/17)

TM、顧客17万人を上位サービスに無料更新(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン