株式市場、5月以来の下げ幅 新税案や世界経済の波乱を警戒

10日のクアラルンプール株式市場は、財政資金を賄う新税が導入されるとの観測と世界経済の成長減速を受け、急落した。主要指標となるFTSEブルサ・マレーシアKLCI(FBM KLCI)指数の終値は前日比38.97ポイント安(2.2%減)の1,735.18で、5月30日以来、最大の下落幅…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近、市街地のオフィス…(03/27)

専門職の約5割が昇給に期待 ヘイズ調査、3~6%のレンジで(03/27)

RM=27.0円、$=4.06RM(26日)(03/27)

スコミ、クウェートで掘削工事を受注(03/27)

政府、電気料金引き下げを検討=首相(03/27)

仏ダッソー、マでビジネスジェット販売強化(03/27)

MAB株買収、複数の外資名乗り=ダイム氏(03/27)

ペルマジュとOCR、サバ州で複合開発事業(03/27)

建設ジョージケント、通期は大幅減収減益(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン