• 印刷する

《労使》最低賃金、今年は12省区市が改定

中国人事社会保障省(人保省)は10日、全国各省・自治区・直轄市の最低賃金一覧を発表した。今年は9月時点で12省区市が最低賃金を改定している。

全31省区市の最低賃金の「第1ランク」(省都などに適用)額を比べると、最も高額なのは上海市で2,420元(約3万9,150円)。ほか北京市、広東省、天津市、江蘇省、浙江省でも2,000元を超えている。

最も低いのは海南省の1,430元。重慶市と青海省、安徽省、湖南省も1,500元台と低額だ。

中央政府は各地方政府に対し、2年に1度の最低賃金引き上げを求めている。前回の改定から2年以上が経過しているのは安徽省、重慶市、海南省、河北省で、この4省市は近々改定される可能性がある。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:仕事が終わって最寄り駅…(03/21)

テイクオフ:上海のローカル保育園に…(03/21)

大気、水質ともに改善進む 18年環境報告、今年も取組継続(03/21)

公共通信設備の中国企業への発注、行政院は否定(03/21)

シェア車両の保証金は原則禁止、規定制定へ(03/21)

中銀香港、香港で本土口座の開設が可能に(03/21)

米中閣僚級協議を来週開催、首脳会談の調整も(03/21)

HSBC保険部門、今年2桁台増収へ(03/21)

AIと実体経済の融合推進、深化改革委(03/21)

今年は保険業の底上げに注力、陳財政長官(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン