豪の集合住宅賃料下落、物件数増などが助長

オーストラリアの住宅市場では、集合住宅の賃貸料が下落している。特にシドニーでの下落が大きく、第3四半期(2018年7~9月)を通して1週間当たりの家賃が550豪ドル(約4万3,600円)から545豪ドルと、0.9%下落した。同地で市場に出ている物件数が過去最高に達していることな…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリア連邦政府…(12/13)

富士通ゼネ、豪空調企業買収 サービスメンテ分野に参入(12/13)

国内初の宇宙機関、アデレードに来年創設へ(12/13)

豪連邦・州政府評議会、人口拡大必要で一致(12/13)

北部準州に優先受け入れ、低技能含む移民(12/13)

豪12月消費者マインド、今年は1年楽観続く(12/13)

豪がリチウム産業促進、年内に投資計画発表(12/13)

補償義務破棄、NSW州にニューカッスル港(12/13)

NSW、週15$以上利用なら車登録費を減免(12/13)

〔ポッサムのつぶやき〕インフル死亡者数が激減、予防接種が奏功(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン