イノベ推進姿勢を鮮明化 施政報告、人工島に住宅40万戸

香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は10日、立法会(議会)で就任後2回目となる施政報告(施政方針演説)を行い、経済、民生など9項目に分けて施策を発表した。経済分野では香港の新たな成長の原動力と位置付けるイノベーションの推進や従来強みとする海運業の活性化…

関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

香港エクス、香港―長崎線を来年1月就航へ(18:18)

大橋開通日の発表遅く、越境バスが準備不足(18:13)

テイクオフ:ビールを片手に、手すり…(10/22)

日本からの投資3分野に期待 行政長官、イノベ・建設など(10/22)

香港長官、独立派容認せず=言論の自由無関係(10/22)

7~9月の失業率、6期横ばいの2.8%(10/22)

韓国投資証券、香港法人を有償増資(10/22)

新鴻基、騰訊と戦略提携=スマホ決済普及へ(10/22)

UBS幹部、本土で拘束か=出張回避も(10/22)

反発、主力銘柄に買い=香港株式(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン