首都知事在任1年、住宅計画の先行き不透明

インドネシアのジャカルタ特別州政府が進める、頭金ゼロでローンが組める低所得層向けの住宅開発計画の先行きが不透明だ。就任後1年を迎えるアニス知事は、知事選挙で頭金ゼロ住宅の実現を公約の目玉の一つに挙げていた。10日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 特別州政府は今年1…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先週の土曜日、ジャカル…(03/21)

【EV化に挑む】産業集積化の勝機 公共車両が鍵に、業界団体会長(03/21)

首都で鉄道展開幕、22日まで 公共交通の発展で周辺事業に焦点(03/21)

東海電子、飲酒検知器の市場参入機会探る(03/21)

24日から大統領選のキャンペーンが解禁(03/21)

ジョコ大統領の支持率49%に、コンパス紙(03/21)

西ジャワ新空港、2都市結ぶ鉄道敷設へ(03/21)

ライオン・パーセル、宅配に鉄道利用促進(03/21)

首都圏のインフラに10年で4.5兆円=大統領(03/21)

中国に911億ドルの投資誘致、一帯一路で(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン