• 印刷する

米シェイクシャック、ジュエルに1号店計画

米ハンバーガーチェーン「シェイクシャック」は9日、シンガポールで建設中の大型複合施設「ジュエル・チャンギ・エアポート」に同国1号店を開業すると発表した。シンガポール進出に当たり、ベーカリーチェーン「パリバゲット」を展開する韓国系SPCグループと提携する。

シェイクシャックの声明によると、シンガポール1号店の開業時期は2019年。東部のチャンギ空港内にあるジュエル・チャンギ・エアポートの開業は、一部報道で来年3月末とされている。

シェイクシャックは15年に東京に出店したのを皮切りに、アジア展開に力を入れている。現在、日本、韓国、香港に進出済みで、来年には中国・上海、フィリピン・マニラでも開業予定。SPCグループは、韓国・ソウルでシェイクシャック7店舗をフランチャイズ(FC)展開している。

シンガポール市場は域内での影響力も大きいことから、シェイクシャックは数年前から進出を検討していた。


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

機械用のフィットビット提供 地場オーク、産業用IoTを展開(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

タダノ、海外向け部品供給センター設立(10/19)

車両購入権の割り当て、11~1月は9%増(10/19)

政府、セントーサ島とブラニ島を再開発へ(10/19)

OKウェイヴ、ブロックチェーン関連で受注(10/19)

産業ボイラー三浦、シンガ現法が駐在所(10/19)

スターハブ、プリペイド携帯で通話かけ放題に(10/19)

フラトンホテル、シドニーに海外1号店(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン