• 印刷する

テイクオフ:韓国の24時間英語放送…

韓国の24時間英語放送「アリランテレビ」の「フォーリンコレスポンデント」という番組に出演した。毎回異なる3人の外信記者が与えられたテーマについて英語で討論するという30分番組で、当方が出演した時のテーマは「文在寅(ムン・ジェイン)政権の不動産対策」。文政権は発足からわずか1年半ですでに計9回の不動産対策を発表しているが、今のところこれといった成果はみられない。

当方を含めて、出演したドイツ人記者とスペイン人記者3人とも、韓国人が不動産を「すみか」ではなく、「投資の対象」と見ているという点で意見が一致。サムスン物産の「来美安(レミアン)」などマンションブランドに対する韓国人のこだわりの強さも各国ではみられないとの見解も出てきた。

それにしても外信記者同士の交流は勉強になった。今後も積極的に視野を広げていきたい。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新車販売、日産がトップ3に 1~2月は韓国現代自超え(03/22)

ビール輸入額、3年で倍増 日本トップ、中国・米国産が追う(03/22)

中国・塩城工場での生産中断、起亜自(03/22)

給油所大手、政府のEV充電所事業に参加(03/22)

現代モービス、ロシア社と自動運転技術開発(03/22)

韓国ソウル交通公社、ダナン都市鉄道で覚書(03/22)

SKイノ、米でEVバッテリー工場着工(03/22)

カカオがブロックチェーン事業、6月に始動(03/22)

サムスン、EUV採用せず最先端DRAM(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン