ダム決壊後の捜索終了=死者40人、不明31人

ラオス政府は10月4日、南部アタプー県で7月23日に発生したダム決壊による行方不明者の捜索を正式に終了したと発表した。40人の死亡が確認され、31人が今なお行方不明のままとなっている。ラオス・タイムズ(電子版)が伝えた。 正式文書は出されていないが、政府の国家災害準備…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

中小企業振興基金を創設へ、首相令を発布(09/23)

再生エネBCPG、ラオス水力発電を買収(09/23)

洪水への対応は国営放送で確認を=政府(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

首相、CLMVTに労働者の医療無料化提案(09/20)

越とラオスの中銀、金融の連携強化へ(09/20)

パクサン税関、1~8月は税収目標未達(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン