• 印刷する

テイクオフ:「さるかめ合戦」を知っ…

「さるかめ合戦」を知っているだろうか。「さるかに合戦」のカニがカメで、柿がバナナとなっている、フィリピンの民話だ。サルが木に登って実を独り占めするところまでは、基本的に同じ。ただ、因果応報をうたう日本版とは異なり、カメさんがちょっと強すぎる。

カメは策略で木からサルを落とし、大けがを負わせる。そのままサルを殺してしまうと伝えるバージョンもある。仕返しにやってくるのは、サル(またはその仲間)。カメは、「まんじゅうこわい」の要領で「水に投げ込まれて死ぬのが一番恐ろしい」と語り、窮地から脱出、めでたしという話だ。

国民的英雄ホセ・リサール氏は1889年、この2つの話の起源は、フィリピンあるいはインドネシアだろうとの考察を披露している。南方の、原始に近い話。ただ、サルは確かにずるいが、ワイルドカメさん、やり過ぎな気がする。(弘)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

製造や人材活用で新たな動き 注目浴びるミ島の潜在力(中)(02/22)

日比協力インフラ合同委、大阪で第7回開催(02/22)

改正会社法が成立、事業環境改善に期待感(02/22)

国民皆保険法が成立、社会保障強化の機運(02/22)

21日為替:$1=52.130ペソ(↓)(02/22)

三菱商事系の住宅会社、ラグナで3件目販売(02/22)

政府の大型インフラ計画、法制化の動き(02/22)

小売りメトロ、サマール州と合弁で複合開発(02/22)

観光業優遇制度の10年延長案、議会を通過(02/22)

1月の訪日フィリピン人、13.5%増の3.6万人(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン