喜捨や寄進、イスラム起業家支援に活用を

マレーシアの「イスラム金融国際教育センター(ICEIF)」のモハメド・アズミ・オマル最高経営責任者(CEO)はこのほどイスラム金融に関するフォーラムに出席し、イスラム起業家の資金調達手段として、サダカ(個人が善意で行う喜捨)やワクフ(寄進)を活用すべきだと提言…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:テレビの中のキャスター…(12/19)

11月の新車販売1.8%減 乗用車、2カ月連続4万台超え(12/19)

日産、タンチョンとの合弁を来年9月に解消(12/19)

RM=26.9円、$=4.17RM(18日)(12/19)

スコミ、ムンバイのモノレールで契約解除(12/19)

金融CIMB、高速運営PLUSに法的措置(12/19)

タクシー専用配車アプリ、2種類登場(12/19)

投資WZサトゥ、複線電化で1.3億リンギ受注(12/19)

公営住宅の賃貸契約期間、外国人は最長2年に(12/19)

EPFとPNB、英バタシー2期買収完了へ(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン