• 印刷する

JAL、26日ターミナル移転=地元メディア

5日付地元各メディアによると、インドネシアの国営空港運営会社アンカサ・プラ(AP)2は、日本航空(JAL)が今月26日から、首都ジャカルタ郊外にあるスカルノ・ハッタ国際空港の発着を、現行の第2ターミナルから第3ターミナルに移転すると明らかにした。

JALはターミナル移転の日にちについて正式に発表していない。ただ、第3ターミナルへの移転が決まっていることは8月24日に発表している。

同社は28日から、国営ガルーダ・インドネシア航空と両社が運航する日本―インドネシアの直行便や国内線と、JALの北米路線でコードシェア(共同運航)を始めると発表している。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:みんなが浴衣を着て屋台…(06/26)

インフラ輸出、日本に期待 大統領、MRT拡張にも協力要請(06/26)

2期目は目に見える成果で国民の不満抑制へ(06/26)

ダイハツ5月小売り台数、前月比3割増(06/26)

5月の二輪車販売台数、1年ぶりに前年割れ(06/26)

インドネに車部品輸出を、貿易赤字縮小へ(06/26)

パティンバン港、運営事業は民間企業に委託(06/26)

特定技能、悪質仲介業者の排除で覚書締結(06/26)

偕行会、送り出し機関に介護指導(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン