• 印刷する

JAL、26日ターミナル移転=地元メディア

5日付地元各メディアによると、インドネシアの国営空港運営会社アンカサ・プラ(AP)2は、日本航空(JAL)が今月26日から、首都ジャカルタ郊外にあるスカルノ・ハッタ国際空港の発着を、現行の第2ターミナルから第3ターミナルに移転すると明らかにした。

JALはターミナル移転の日にちについて正式に発表していない。ただ、第3ターミナルへの移転が決まっていることは8月24日に発表している。

同社は28日から、国営ガルーダ・インドネシア航空と両社が運航する日本―インドネシアの直行便や国内線と、JALの北米路線でコードシェア(共同運航)を始めると発表している。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

ジャカルタ副知事、党支部が候補者絞る(02/15)

道路公団、空港行き高速道路の料金改定延期(02/15)

訪日旅行者を商業施設に誘致 三井不子会社、首都で説明会(02/15)

日本ハム、鶏・牛肉加工品を生産へ(02/15)

自動車3社、投資に向け優遇措置を求める(02/15)

アストラ、1月の自動車販売台数は8%減(02/15)

業界団体、首都の業種別最低賃金の撤廃要求(02/15)

MRT開業は3月24~31日の間に設定(02/15)

MRT2期工事の円借款、州政府が管理(02/15)

ガルーダ航空グループ、国内線を2割値下げ(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン