• 印刷する

ITタタ、東京大とロボット工学で共同研究

インドのITサービス最大手タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)は4日、東京大学の生産技術研究所(生研)との間で技術研究と人的交流を促す覚書を交わしたことを明らかにした。

工学を強みとする生研とロボット工学の分野で提携する。技術認証や基礎研究、商用化に向けた応用研究まで広く協力するほか、研究者や専門家同士の交流も促す。

TCSは2006年から、世界の研究機関や企業との共同のイノベーションネットワーク「COIN」を展開しており、大学ではこれまでに米マサチューセッツ工科大やスタンフォード大と提携。現在は人工知能(AI)やマシン・ラーニング関連分野に注力している。


関連国・地域: インド日本
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「一足飛び」を数年前か…(10/23)

テイクオフ:インドに来てから何人の…(10/23)

企業の報奨旅行、インドで盛況 旅行会社は訪日誘致に熱戦(10/23)

宿泊予約オヨ、居住用物件の賃貸事業を始動(10/23)

中古車市場、本年度は1兆ルピー超えも(10/23)

ラカイン州、帰還難民向け仮設住宅を準備(10/23)

独系薬包装材ショット、西部工場で生産増強(10/23)

アルミスクラップ輸入量、上半期は21%増(10/23)

ダウンロード速度、上半期はRジオが首位(10/23)

中国の華為、インドで専売店1000店開設へ(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン