• 印刷する

新国民車構想、20年までに最初のモデル公開

マレーシアのリズアン・ユソフ起業家開発相は4日、第3の国民車構想について2020年までに最初のモデルを発表する見通しだと語った。半自動運転が可能な車両を想定しており、「世界の若者をターゲットに売り込む」と輸出にも力を入れる考えだ。スターが同日伝えた。

プロトン、プロドゥアに続く新たな国民車構想には2~3社が参加を表明している。リズアン起業家開発相によると、マレーシア政府系の半導体企業シルテラ・マレーシアとコングロマリット(複合企業)DRBハイコムの航空機部品子会社コンポジッツ・テクノロジー・リサーチ・マレーシア(CTRM)が含まれ、今年中に開発企業を選定するという。プロトタイプ(試作品)は来年の早い段階で公開する予定。

リズアン起業家開発相は、「プロジェクトは複数の政府機関が支援するが、完全に民間の資本で進める」と語った。従来の自動車の生産手法は用いず、「100%革新的な技術で挑む」と強調した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

初任給希望額は2千リンギ カザナ、若者の就労意識調査(12/14)

RM=27.1円、$=4.18RM(13日)(12/14)

プロトン「X70」、価格は9.9万リンギから(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

プロドゥアの社長退任、後任はザイナル氏(12/14)

ベルマツオート、第2四半期は2.9倍増益(12/14)

アラム・マリティム、潜水作業を受注(12/14)

サイパーク、クダ州などの太陽光発電所受注(12/14)

建設プロタスコ、SUKE建設の受注解約(12/14)

不動産開発エコワールド、通期は21%減益(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン