• 印刷する

首都圏LRTの最大速度は時速100キロ

インドネシア国営鉄道車両製造会社インダストリ・クレタ・アピ(INKA)のブディ社長は2日、同社が製造しているジャカルタ首都圏の軽量軌道交通(LRT)の使用列車は、8月に商業運転を開始した南スマトラ州パレンバンのLRTよりも先進的で、最大時速100キロまで速度が出せると明らかにした。3日付テンポ(電子版)が伝えた。

INKAは、国鉄クレタ・アピ・インドネシア(KAI)から受注し、車両186両(1編成6両)を製造している。製造費は3兆9,000億ルピア(約295億円)。部品の現地調達率は40%。

■6月に試験運転

4日付ビスニス・インドネシアとリパブリカによると、LRTの建設工事を手掛ける国営アディ・カルヤは、ジャカルタ首都圏のLRTが、来年6月に試験運転できるとの見通しを明らかにした。本格的な開業は来年末を目指す。

第1期工事の進捗(しんちょく)率は9月末時点で47%。年内に75%に達する見通し。運輸省鉄道局によると、西ジャワ州の用地買収は、デポック市とボゴール県で完了し、ブカシ県を残すのみとなっている。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フェイクニュースという…(10/18)

イトーキ、首都に現法設立 事業拡大で3年後売上高5億円に(10/18)

豪州、TPP11を批准 参加4カ国目、発効に向け前進(10/18)

溶接コンテスト、非日系企業参加者が初優勝(10/18)

インドネシアとのFTA、破棄せず=労働党(10/18)

ジョコ大統領の支持率60%、最新世論調査(10/18)

パスコ、航空宇宙庁の衛星情報事業を支援(10/18)

国営通信の電子決済事業、韓国同業と提携(10/18)

18年の世界競争力は45位、9ランク後退(10/18)

中銀の景況感、3Qは前期から縮小の14(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン