ロックウェルがラグナで複合開発、来年着手

フィリピンのロペス財閥系の不動産開発会社、ロックウェル・ランドは来年、ラグナ州で複合開発事業に着手する。フィリピン競争委員会(PCC)がこのほど事業を承認した。 工業地帯である同州カンルバンの土地63ヘクタールを開発する。ロックウェルの関係者は、ビジネスワールド…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:糖尿病で数年前に右足の…(10/23)

業者向け美容品展示会を開催 約150ブランド、市場拡大に期待(10/23)

PEZA、優遇税率「7%」で妥協目指す(10/23)

首都圏の最賃、労組が日額700円上げ要求(10/23)

22日為替:$1=53.790ペソ(↓)(10/23)

グーグルが比に初の支援センター開設へ(10/23)

米ITコンサル、マニラ2カ所目の拠点開設(10/23)

カビテ貨物ターミナル、11月5日本格開業(10/23)

SMプライム、1~9月は17%増益(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン