5G仕様策定の貢献度、聯発科技が世界15位

モバイル端末向けIC設計世界大手の聯発科技(メディアテック)が、2020年に商用化が見込まれる第5世代(5G)移動通信システムの技術標準仕様の策定において、世界各社の中で「貢献度」が15位となったことが分かった。同社は今後、関連製品の商用化や専利(発明特許、意匠登録…

関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台北MRTでユニホーム…(09/24)

【日本の税務】個人所得税について(09/24)

医療保健支出16%、過去最高 「高齢社会」鮮明、18年家計調査(09/24)

鴻海系FII、敏実とスマート工場で提携(09/24)

スカイアンコール航空、台湾2県に就航へ(09/24)

5Gの第2弾免許、23年に交付へ(09/24)

TSMCの5ナノ、20年3月に量産へ(09/24)

遠伝、韓国TV局と提携で5G生番組配信(09/24)

半導体封止の日月光、生産の自動化を加速(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン