民間航空庁、18年3月期の純剰余金は1%増

シンガポール民間航空庁(CAAS)が発表した2018年3月期決算は、純剰余金が7,805万Sドル(約63億3,270万円)となり、前期から1.1%増加した。 収入は4.9%増の4億6,903万Sドル。航空税収が6.3%増の1億4,457万Sドル、航空管制サービス料が5.7%増の2億1,373万Sドルと堅…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:鉄格子といった柵がなく…(10/17)

オン・オフライン融合の新店舗 国内初、オネストビーが開業(10/17)

日本へのMICE誘致、JNTOがイベント(10/17)

JBCC、シンガポール子会社を清算(10/17)

NETS、オンライン請求・集金サービス導入(10/17)

スターハブ、インフラ共有でM1と合意間近(10/17)

企業庁、インダストリー4.0の標準マップ開発(10/17)

企業庁と経済開発庁、独政府系VCと提携(10/17)

民間住宅価格、来年は8%上昇=モルガン(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン